中古FAX・コピー機のOAファクトリー もったいないをオフィスへ
虹色の背景

スタッフブログ

あの3.11災害から 今日で丁度11年目となりました。

早いもので、東北の大震災から11年が経過しました。
そして、今日は まさにその同じ日。
忘れもしないあの日、私は業務用FAX機の搬入の最中でした。
聞きなれないアラーム音が 納品先のテレビから急に流れ始め
立て続けに 過去に経験した事がないような大きな激震。
屋外に出てみれば、地面や並ぶ電柱が波を打つような揺れ方で
これは終わったかも! と一瞬、色々覚悟したものでした。
ガソリン入れるのも、1時間以上並び、
街のスーパーからは、カップラーメンが一挙に無くなりました。
計画停電で、今まで見たこともないような暗闇の街中。
人生初めてずくしの事だらけでした。
そして、その繰り返した停電の連続により
複合機ご使用のお客様の中にも
その複合機が故障してしまう会社様が続発し
修理や、新しくお買い求めもたくさん
頂きました。
30年以内に関東圏の大地震発生確率70%以上と
もう10年間言われ続けてますが
人は何故か、痛い思い、怖い想いをしてからでないと
行動をしないところがあります。
3.11災害時にも、生存者達の話しを見ていても
多分、なめてい
なければ
もっと沢山の命が助かったのではないか、と悔やまれます。
明日、発生してもおかしくない震災には
いつ何時も 色々備えておかなければいけないなと
報道を見ながら つくづく思いました。

さて、複合機に関しまして
災害による損傷、故障でなくとも
おかしくなってしまう事が多々ありますが
上記、災害と同等、備えあれば憂いなしの考え方で
少しでも不調が出始めましたら
もったいないから と妥協せず
すぐ、修理か、お買い替えのご検討をされてみて下さい。
いざ、壊れてしまってから 業務が停止してしまった方が
実は、大損害が出てしまうなんてこともあります。

複合機の不調は、OAファクトリーまで
0120-588-161

 

全国配送承ります。配送料はこちら 販売パートナー様募集中
案内をする女性
お電話でお問合せ

受付時間9:00~18:00